中学受験の学習塾

中学受験の学習塾に注目が集まっています。最近では、公立小学校のゆとり教育指導も、ガンバリタイプに変換しているようです。しかし、公立小学校の学習指導スタイルが、コロコロ変化している現状では、中学受験対応を公立小学校に求めるのは無理です。

ゆとり教育スタイルの小学校教師では、受験スタイルの学習指導はできません。普通の公立小学校では、中学受験対策の授業を行いません。中学受験を希望する場合、中学受験用の学習塾や予備校等を利用して、受験対策用の勉強をする必要があります。

中学受験で、学力中堅校や国公私立の難関校への合格を目指す場合、受験する学校に応じて学力を高める必要が生じます。中学受験の為に学力アップを目指す方法には、①中学受験用の学習塾や予備校に通う方法。②通信教育スタイルの指導を受けながら、自分で勉強する方法。③家庭教師などの、個別指導スタイルの学習指導で、学力アップを目指す方法などがあります。

東京23区の公立小学校6年生を対象に、大手学習塾が行った調査があります。その結果によると、東京23区の公立小学校6年生の37%の児童が、中学受験を希望しているそうです。小学校6年生の3人に1人以上の生徒が、中学受験を望んでいることになります。

最近では、首都圏や関西圏等の大都市以外の地方都市でも、公立中高一貫校や私立中学が次々に開校しています。地方都市の小学校のクラスにも、中学受験希望の生徒は何名かいます。子供の将来を考える保護者にとっては、中学受験という選択肢が当たり前になりつつあるようです。

中学受験の学習塾や予備校には、①グループ指導スタイルの学習塾。②個人指導スタイルの学習塾。③グループ指導スタイルと個人指導スタイルの両方を備えた学習塾があります。広い地域に展開している塾の中には、情報網を活用しながら、個人指導スタイルのサービスを行う塾も増えています。